お問い合わせ: 03-5943-7101

閉塞性動脈硬化症(ASO)におけるMCFANの有用牲とその活用方法

閉塞性動脈硬化症 (atherosclerosis、以下ASO) は腹部から下肢の動脈すなわち大動脈下部から大腿動脈の範囲によく見られる血行障害です。特に足の動脈が狭くなったり(狭窄)、ふさがったり(閉塞)して血液の流れが悪くなり、歩行時に足のしびれ、痛み、冷たさを感じます。さらに進行すると安静時にも症状が現れることがあります。ASOの背景には糖尿病、高血圧、高脂血症などの生活習慣病があり、少なからず前後して脳卒中や心筋梗塞症を発症します。つまりASOは、かつてサイレントキラーと呼ばれた生活習慣病が人間に牙を向けだしたひとつの警告の病気でもあります。

ASOの評価はこれまで血管壁の状態を描出するMRAやCT scan、超音波検査や血管造影、 また血管の硬化を評価する脈波伝播速度の測定や動脈硬化のリスタフアクターを定量する血液検査などにとどまっていました。しかし、血行障害の慢性的な持続にはその局所での血液流動性の低下が重要な要素であるにもかかわらず、血液流動性の情報についてはほとんど得る手段もなく、大規模な研究の結果にもとづいた実地医家にとっても実感のない治療が優先されてきました。つまり患者さんの現在の血液の流れの状態とは無関係に血液の流れが良くなるだろう薬剤を投薬しています。その結果、血液流動性がより良くなったかどうかもわからない状況で大規模な研究の成果を信じて投薬し続けるのです。現時点でのASO治療が必ずしも満足のいくものでないことから、より多くの診断や治療に関する情報が必要であることはいうまでもありません。1)

そこで、私どもは一定の基準を満たした人工の擬似毛細血管に血液を流して血液粘度を測定する微小循環測定装置(MCFAN)に着目しました。血液流動性の定量化はもちろん、マイクロチャネルアレイを通過するときの血液の様子を可視化できるため、血液の流れる様子を確認しながら測定できるユニークな装置です。これを用いて、AS0患者さんの血液流動性を観察するとともに AS0治療薬の効果についても検討し始めました。1) 2)

MCFANで認められるASO患者さんの血液流動性は全般的に低下しており、その他の画像診断から認められる血管の硬化や狭窄の状態から予測される以上に、虚血肢における末梢循環不全の程度が大きい可能性を示唆しています。白血球の直径はMCFANのマイクロチャネルアレイよりも大きいことから、白血球の膜の変形能を知る都合の良いモデルとなっており、微小循環において膜の硬い白血球が血管側の接着因子の活性化にかかわらず血管を閉塞する可能性をも示唆しました。3) 4) 白血球の変形能は糖尿病などでは特に低下しており、白血球が毛細血管を閉塞し、網膜微小循環障害を引き起こす可能性も考えられます。これはある種の糖尿病治療薬やスタチンによって改善するため、MCFANによる発見が成人の中途失明の第一位である疾患に対しても光明を見出すきっかけとなっています。3)

MCFANによって血液流動性が定化できると前述しました。私どもは血液100μLがマイクロチャネルアレイを流れきる時間を血液流動時間 (Satime) と名づけ、Visual analogue scale (VAS) による冷感の評価との関係を検討した結果、血液流動時間であるSa値と有意な相関を認めたことから、冷感や疼痛などの症状が血液流動性の低下と何らかの関連がある可能性が考えられます。2)

横川_図1

 

横川_図2

 

ASOにおいては腸骨勤脈や大腿動脈などの一箇所の狭窄を改善しても繰り返し起こりその他の部位の血管の狭窄や閉塞が末梢における血行動態をどんどん悪化させ、つらい冷感症状や疼痛を生み出します。安静時の冷感や疼痛によって、一晩中眠れなかったというASO患者さんも少なくないうえに、鎮痛薬でも抑えがたい辛い症状を客観的に評価しうる可能性が出てきたことはMCFANによる福音ともいえます。2)

最近、血液流動性を改善することが証明できたASOの治療薬があります。本疾患を根本から改善することはできなくても末梢血行動態を改善し、患者さんの辛い冷感や疼痛症状を緩和するために、血液流動性を考慮した治療がおこなえるのではないかと考えます。1) 2)

さらに、ASOが多くの動脈硬化性疾患との合併の結果生じてくることを考え合わせると、 投薬や生活の改善による微小循環の改善効果をMCFANによって逐一確認しながら治療を進めていけることが患者さんにとっても医師にとっても大変有益であり、ASOの病態の裏に隠されたもっと恐ろしい事態を引き起こす疾患の予知にも役立つことと確信しています。

MCFANが開発されて数年が経過し、まだまだアイディア次第では無限の可能性を持つ装置であることから、今こそ多くの先生方と共に前向きの大規模研究をおこなってMCFANを用いた血液流動性を考慮した治療に関するエビデンスを蓄積していくことが重要であると考えています。

横川_図3

横川_図4

1) 横川晃治:Medical Tribune 2005年3月3日号
2) 横川晃治 他:慢性動脈閉塞症における塩酸サルポグレラート投与による血液流動性改善作用. Angiology Frontier 5(2) : 153-159, 2006
3) 横川晃治 他:Gliclazideの投与により改善した糖尿病患者の血液流動性(抄).粧尿病48 Supple 2S-232, 2005
4) 横川晃治 他:高血圧症患者におけるテルミサルタンによろ血液流動性改善効果. Progress in Medicine 26: 1909-1913, 2006

横川 晃治 先生

よこかわクリニック

プロフィール

略歴 昭和61年(1986年) 大阪市立大学医学部卒葉
平成4年 (1992年) 同 大学院卒業
米国オハイオ州ライトステイト大学留学
平成5年 (1993年) 同Division of Nephrology and Hypertensionのassociate professor就任
平成10年(1998年) よこかわクリニック開設
受賞 Hennri-Christian Memorial Award 1993年
アメリカ医学会最優秀若手賞1994年、 アメリカ内科学会AFCR特別会員賞1994年 日本循環器病研究会最優秀若手研究者賞1997年

資料ダウンロード

PDF

 

 

 

Back to Top